シックスパッド(sixpad) AbsFit2 効果 使い方

気になっていたシックスパッド(Absfit2)をついに購入
いろいろなサイトをチェックした結果SIXPADの公式ページ(MTG ONLINE SHOP)で買いました。

MTG Online Shopはこちら

使い始めて1か月が過ぎました。

シックスパッドが届いてから今迄トレーニングして気付いたことや使い方を書いています。
シックスパッドに興味があって、「買ってみようかな~」と思っている方の参考になれば嬉しいです。

SIXPAD アブズフィット【AbsFit2】が届いた

通常営業日の14時までに注文すると当日に商品が届く!驚きの速さ
写真のようにMTGのボックスに入って届きます。
箱を開けると納品書とMTG商品のパンフレットとも同梱されていました。
お目当ての品は、白い化粧箱の中。
シックスパッド AbsFit2・アブズフィット2(AbsFit2)
取扱説明書保証書専用ACアダプタージェルシート6枚がはいっています。

 

取扱説明書通りにまずは充電してみます。
充電時間の目安は約5時間と書かれていますが、5時間はかからなかったです。
ACアダプターを使って充電すると、赤く点灯します。

この部分に充電コネクターを差し込みます。
充電中は、LEDが赤く点灯しています。

赤いライトが消え充電が完了したらジェルシートを貼って、トレーニングを始める準備に入ります。

このジェルシートを貼り付ける時、緊張しました。
空気を入れないように貼り付ける。。。携帯の保護シートを貼るときの緊張感に似ていました。笑
今思うと、緊張する意味が分からない!
気楽に貼って大丈夫です。


オレンジ色のフィルムをはがし電極部分に貼り付けます。

真ん中に切れ込みが入っています。この部分からはがします。

電極部分6か所にジェルシートが貼れたら、準備が完了。
一人で使うなら、ほぼ1ヶ月間使えるジェルシートです。
空気を入れないように端まできっちり密着させましょう。

ジェルシートを貼りました。上についている透明シートをはがして身体に装着。

 

ジェルシートの粘着力は強力です。
身体からはがす時に、肋骨近くの2か所のジェルシート上部がヨレてくる事がありました。

ロナウドと私とでは、当然身体の大きさは全く違います。
しかし、シックスパッドのサイズは一緒。
身体が小さければ肋骨と腰骨との間隔も狭い。
トレーニング中に肋骨に少し押されているのかもしれません。
また、毎回上部からはがすからその時に無理がかかっているのかもしれません。

夫と一緒に使っているので15日間でジェルシートは交換かな?と思っていました。
粘着力は弱くなるものの、付属のベルトで押えればトレーニングは可能です。

1か月使っても、23分間のトレーニング終了時、ベルトを外しても身体には密着しています。

ジェルシートは少しのヨレだったので問題なく1ヶ月間使えました。

 

SIXPAD アブズフィット【AbsFit2】の使い方 スマホで見られるから続けられる!

充電が完了して、ジェルシートが貼られていれば、【AbsFit2】のトレーニングが始められます。
腹筋を鍛えるアブズフィット2は肋骨と腰骨の間に貼ります。
おへそのあたりに中心部がくるような感じです。

中央のコントローラー部分の+を長押しすると、ピーと音が鳴りランプが点滅してトレーニングが始まるのです。(今までのシックスパッドと同じやり方)
以前のと違うのは、【AbsFit2】はスマホでSIXPADアプリをダウンロードするとスマホの操作でトレーニングができます。
1回のトレーニング時間は23分間。
レベルの強度、トレーニングの経過時間など。
スマホの画面で状況がわかるのは嬉しいものです。

終了すると、毎回コメントが届きます。
それを読むのも楽しい。
開発に携わった京大の森谷教授ほか栄養学、運動生理学、冒険家の三浦雄一郎さんからの一言アドバイスがもらえるんです!

毎日続けられているかもカレンダーでチェックできます!

私は1月11日からトレーニングを始めました。
帰りが遅くなって0時を過ぎてしまった日だけトレーニングができなかった・・・とても残念な気持ちになりました。
IOTでモチベーションはUPします。
コレって、すごいと思います!

ズバリ、シックスパッドは続けられる!!

1か月を過ぎたころのアドバイスで、1か月以上続けなければ筋肉を大きくすることはできないのだと知りました。
「これからだわ~」とやる気満々です。
続けられる筋トレEMSのシックスパッド詳しくはこちらからどうぞ。

シックスパッドの詳細はこちら

シックスパッドをスマホが認識しない!

私は使い始めて7日目で「スマホが認識しない」事態に遭遇しました。
きっとシックスパッドを使っている方なら1度は経験していると思います。

お腹にシックスパッドを貼り付けてやる気満々ですから、「仕方がない」とスマホでの操作を止めてコントローラ―の「+」を押してトレーニングを始めました。
いつもと勝手が違うと、戸惑うものです。
「+」を1回押してスタートさせるとレベル1の強度。
いつもより弱いわけです。
何度か「+」を押して、強度を上げてみましたが、スマホを通さないと、レベルいくつでトレーニングしているのか、今はトレーニング開始から何分経っているのかが全く分からない。
いつもよりテンションが下がるちょっと残念なトレーニングになってしまいました。
上のカレンダーを見てお分かりだと思いますけど、1月17日がトレーニングしてない日になってますね。
ホントはスマホ操作なしでトレーニングしたんですけどねぇ。。。

説明書を真剣に読んでみました。
解決法が書いてありました。

コントローラーのーを5秒間押し続けると電子音がピーピーと2回なります。
そのあと、reloadすると認識されるようになります。
1回で上手く認識されるときと、数回「-」を5秒間押すという操作を繰り返さなければならない時とありました。
何度も認識されない時はシックスパッドの充電が少なくなっていると感じます。
60%を切るとこのようなことが起こる確率が高くなっていると思います。

 

コメントを残す