たんぱく質を上手にとってきれい痩せる

体重を減らしたい!痩せたい!だけでなく、
きれいなボディーラインを手に入れたいなら、たんぱく質の事を知っておくと役立ちます。

たんぱく質は、筋肉・血管・骨には欠かせないモノです。また、脂肪燃焼にも疲労回復にも一役買っているのがたんぱく質。

筋肉を落とさずに痩せられる食事って??

「肉や魚を食べると太る」というイメージを持っている女性は多いですよね。
どうしてもダイエットする時はカロリーばかりに気を取られ、サラダや野菜ジュースだけといった食事になってしまいがちです。
実は私もそうだったのですが、野菜やこんにゃくなどカロリーがゼロに近いものばかり食べていると、痩せはしますが脂肪とともに筋肉も落ちて、身体の組成自体が変わってしまうんです。

筋肉を維持したいなら、しっかりと身体に必要な栄養素を取らなければなりません。

食事から摂る五大栄養素はこちら↓

  • 糖質・・・体を動かす時にすぐにエネルギーになります
  • 脂質・・・細胞膜やホルモンの元になり効率の良いエネルギーとも言えます
  • タンパク質・・・筋肉・内臓の元の材料になる重要な栄養素
  • ビタミン・・・体の機能を維持するために不可欠なもの
  • ミネラル・・・骨・歯などの構成成分、体液の ph の調節、神経や筋肉の収縮の調節に関わる大事な物質

上記5大栄養素の上から3つ目までが、基本の三大栄養素と言われてるものです。
直接のエネルギー源になる糖質
細胞膜の材料にもなる脂質
筋肉の合成に不可欠タンパク質
です。

さらにビタミンミネラルという微量栄養素はエネルギー代謝をサポートして身体の機能の調節をする大事な役割があります。

それぞれの栄養素が身体に与える役割を知れば、これらが不足すれば身体に不調が現れるはずだとわかりますよね。
自己流で食事制限をするとどうしても栄養面全てカバーすることがなかなか難しいのかな。。と思います。
真剣にダイエットを考えるならサプリメントで栄養補いながら運動を続けることが身体を壊さず、ダイエットも成功させられる秘訣なのではないでしょうか。

筋肉量が落ちるとどうして代謝が落ちるのだろう?

基礎代謝という言葉をご存知ですか?
基礎代謝とは呼吸するとか心臓を動かすとか体温を維持する、また脳の働き に関わる生きていくのに必要な最低限のエネルギーです。
全く動いてなくても寝てる間でも、人間はエネルギーを使っています。

基礎代謝の中で、骨格筋が消費するエネルギー量は約4割にあたります。
筋肉量が多ければ、何も特別なことをしなくても、それだけでたくさんのエネルギーが使われるのです。
「たんぱく質が不足して、筋肉量が落ちると、ダイエットの要である基礎代謝が落ちます。」
ダイエットで目標の体重に達して、通常の食事に戻した時に筋肉が減っている状態だとリバウンドのリスクが上がるというわけです。

そのためにも ダイエット中であっても筋肉量は落としたくないですね。
つまり、筋トレなどを取り入れ筋肉量を保つことが必要。
運動と食事(栄養)両方を併用するのが効果につながるはずです!
どうして、加齢とともに筋肉量は減っていきます。
太りにくい身体を手に入れるためには、バランスの良い食事と運動を続けてリバウンドしない美しい身体と健康を手に入れたいものです。
筋肉は絶えず分解と再生を繰り返しています。
体重1kg あたり1g のタンパク質摂取が筋肉を維持するための目安となります。
筋肉を維持するためには、体重50キロの人なら50グラムのたんぱく質が毎日必要なのです。

コメントは受け付けていません。